1. ホーム
  2. 施設一覧
  3. 題経寺(柴又帝釈天)

題経寺(柴又帝釈天)PDFダウンロード

この施設を
ブックマーク
ブックマークを
メールに送る

葛飾柴又のシンボル・題経寺が開かれたのは寛永6年(1629年)。
安永8年(1792年)に日蓮聖人が自ら彫ったとされる帝釈天王像が本堂で発見され、帝釈天信仰の高まりとともに江戸時代に名所となりました。
帝釈天はインド最古の聖典の中で最も多くの賛歌を捧げられている軍神・武勇神インドラと呼ばれる重要な神さまです。
厄除け、病気平癒のご利益がある神様として、今も多くの参詣者を集めています。
お堂に施された圧巻の装飾彫刻と、日本の伝統美をとどめる回遊式庭園がゲストをお迎えします。

ご相談ください。
多目的トイレがあります。
会場名 面積(m2 着席(名) 立食(名) 金額(円) 利用時間 備考
境内 750 190 380 応相談 応相談 屋外/飲食不可
大客殿 1 86 30 54 応相談
鳳翔会館 前殿 2 56 20 応相談
鳳翔会館 中殿 2 56 20 応相談
鳳翔会館 ホール 1 82 30 50 応相談

利用条件等の詳細についてはお問い合わせください。

住所:
〒125-0052 東京都葛飾区柴又7-10-3
Webサイト:
http://www.taishakuten.or.jp/
問合わせ先:
ユニークベニューワンストップ総合支援窓口(東京観光財団内)
TEL:
03-5579-8870
E-mail:
tokyouniquevenues@tcvb.or.jp

おすすめ

    AREA INFORMATION

    最近見た施設

      当サイトでは利便性の改善や閲覧の追跡の為、Cookieを使用しています。サイトの閲覧を続行した場合、Cookieの使用に同意したことになります。詳しくは『Cookieポリシー』 をご参照下さい。
      同意する